1. Top
  2. » お金の入り口

お金持ちが知っているお金を引き寄せる3つのルール

お金持ちは知っているお金を引き寄せる3つのルールというのがあります。


1、お金持ちは資産を買い、そうでない人は宝くじを買う

2、お金持ちはお金を借りて投資をし、そうでない人はお金を借りて消費をする

3、お金持ちはたくさんのお金の入り口を持っている


お金持ちは、投資をし続け、そうでない人は、消費をし続けます。
お金をもたらしてくれる資産を増やし続けていくことで、増えた資産がさらにお金を生み出し、そうやってお金持ちになっていくのです。


お金持ちの中にはたくさんの不動産を所有している人が少なくありません。
不動産投資(アパートマンション経営)は、他人の資本で自己資産を形成することが可能な非常に投資効率が良い投資対象です。
不動産投資は、何百万円、何千万円という大きな資金を運用するものですし、しかも多額の借入金が伴うこともるので気後れしてしまったりします。
しかしながら不動産投資は融資が出てこそ成功します。
不動産投資で一番必要なことは資金調達になります。
そこで金融機関から資金調達つまりお金を借りて投資をする訳です。
どんなに利回りの良い物件を見つけることができたとしても購入資金がなければ買えません。


お金の入り口を給料ひとつに頼っていると、お金はいつまでたっても手元には残りません。
お金持ちになりたければ、お金の入り口をいくつも持つことがお金持ちになる近道です。
お金持ちは、「自分が働かないで、お金を得るにはどうしたら良いのか」ということを考えます。
お金持ちは、配当金や利子や家賃収入などを得て好きなことをして暮らしているのです。



お金持ちはアイデアをお金と交換することを考える
金持ち父さんの教え<資産と負債の違いを知り、資産を買え>
金持ち父さんの教え<金持ちがどんどん金持ちになる理由>
金持ち父さんの教え<資産が負債を払ってくれる>


お金持ちになるためにお金を借りて不動産投資をする

不動産投資は、他人のお金で投資ができて利益を得られる非常に効率の良い投資対象です。

不動産投資は、数千万円から数億円もする物件をキャッシュで買うことは難しいですから、ローンを組んで買うことになります。
家賃収入からローン返済や経費を引いて、残ったお金が自分のお金になります。


多額なローンを組みますが、それはあなたが返すわけではなく他の誰かが(家賃という形で)返してくれるローンなのです。

銀行から借りたお金の貸出金利よりも不動産物件の利回りが上回っていれば利益が得られます。
不動産物件の利回りは、年間の家賃収入を物件購入価格で割ることで求められます。
つまり、物件購入価格が安ければ安いほど、利回りがよくなります。

銀行は不動産投資をするサラリーマンには喜んでお金を貸してくれます。
毎月決まった収入があることへの信頼は高く、サラリーマンという属性を最大限に活かせるのが不動産投資という訳です。

不動産投資は成功への再現性が高い投資対象で、収益をあげていくのに、他の投資先よりはるかにリスクが少ない投資対象でもあります。
他人のお金で投資ができて、リターンを得られる確率が高いのが不動産投資です。
お金の入り口を増やす手段としてとても有力な方法です。

お金持ちになるためにお金を借りて投資をするという方法があることを覚えておいたほうが良いでしょう。

そして借金には「良い借金」と「悪い借金」の2種類があることも覚えておきましょう。
良い借金とは、あなたをお金持ちにしてくれて、あなた自身ではなく誰か他の人が返してくれる借金で、悪い借金とは、あなたを貧乏にし、しかもあなた自身が返さなければいけない借金です。





サラリーマンなら不動産投資がお金持ちになる最も有力な方法
成功するアパートマンション経営
ワンルームマンション投資は都内・中古が成功のポイント
中古ワンルームマンション投資が良い理由




お金持ちになる方法