1. Top
  2. » お金持ちになる方法

配当成長株投資でお金持ちになる方法

「100円で買った株が120円になって20円儲けた」が株式投資だと思っている方は非常に多くいますが
株式投資の本質は、利益を生み出すことのできる企業に資金を投資し、
利益を還元してもらうこと(利益の分け前(配当金)をもらうこと)です。


想像をはるかに超える配当成長株のパワーがあなたに富をもたらします。
「配当成長株投資」は、株の素人でも、あまり手間をかけずにできる
サラリーマンに適した「お金を生み出す」つまり収益源を増やす方法です。



株式投資における配当金は、企業が生み出す利益の一部から、株数に応じて株主に分配される企業の株主還元の1つです。
配当利回りは、1株当たり年間配当金が株価に対して何%に相当するかをみるものです。


株式投資の場合、所有する株式数が増えなくても、翌年、さらに翌々年に配当収入が10%ずつ増えていくということはザラにあります。
(配当成長又は連続増配といいます。)

しかも、その配当金でさらに株式を買い増しすること(配当再投資)もできますので、
保有株数が増えることで、さらに配当金が増えていくことになります。

配当金は1株につきいくら というように決まっているため、保有株式数が増えれば増えるほど配当金も増えることになります。

つまり

①「より多くの利益の分け前(配当金)が得られる企業(配当成長銘柄)を探すこと」
②「配当金という形でもらったその資金と追加資金でさらに配当成長銘柄を買い増しすること」
③「①と②を長期的に繰り返すこと」


これが『配当成長株投資法』の真髄です。

保有株式数が増えれば増えるほど、もらえる配当金も増えることになるので、もらった配当金+新たな追加マネーで『配当成長銘柄を買い増しすること』これが重要です。

この味を知ると やみつきになりますよ。


株の素人でも簡単に「連続増配企業のリスト」から
「競争力の高い優良企業」かつ「配当成長企業」に
フォーカスを絞った銘柄選定ができるテキストはこちらから購入できます。
配当金がザクザク増える「配当成長株投資」テキスト購入≫


お金持ちになる方法は「貸すビジネス」

お金持ちになるには、「価値運用型収入」を得ることです。
「価値運用型収入」は、時間を使わずに生み出す収入のことで、自分が長時間働かずに生み出す収入のことです。


「時間消費型収入」=「勤労所得」
「価値運用型収入」=「不労所得」


「価値運用型収入」が、自分が長時間働かなくてもお金を生み出せる理由は、価値運用型収入の多くが、「貸すビジネス」又は「設置産業」であり、自分が所有している製品やサービスを貸す又は設置することによって得られる収入だからです。

例えば、不動産投資(アパート・マンション経営)、駐車場経営、広告スペース貸し、知識の貸し出し、アフィリエイトなどです。

このサイトの情報や、「貸すビジネス」「不労所得」「投資」の情報に触れ、できるだけ早く知恵を身につけることが大切です。



サラリーマンがお金持ちになる方法
サラリーマンこそ副業を持つべき
サラリーマンは副業でお金持ちに
不動産投資はお金持ちへの近道
資産を作り出す副業とは
お金持ちが知っているお金を引き寄せる3つのルール

サラリーマンがお金持ちになる方法

サラリーマンがお金持ちになるには、収入を増やすことが一番のお金持ちへの近道です。

収入を増やすといっても今の時代、どんなにがんばって勤務先で仕事をしても給料の収入を上げるには限界がありますよね。
では、サラリーマンは、どうやって収入を増やしてお金持ちになれば良いでしょうか。

答えは、お金をもたらしてくれる資産を増やし続けていくことで、増えた資産がさらにお金を生み出し、そうやってお金持ちになっていく という方法が考えられます。

「資産」を定義すると 持っているだけでお金をもたらしてくれるもの とします。

マイカーやマイホームを資産だと思っている方は多くいますが、マイカーやマイホームは、便利や快適、幸福感といったものは与えてくれますが、例えローンががなくても自動車税、駐車場代、車検料、固定資産税、管理費など、お金をもたらしてくれるどころかお金を奪っていく負債だと考えます。

つまり、お金をもたらしてくれる「資産」とは、

米国債や社債などの債券
配当利回りが良い株式
投資用ワンルームマンション
そして、ネットビジネスなどのサイドビジネス(副業)

などが、お金をもたらしてくれる「資産」になり得ます。
サラリーマンをお金持ちにしてくれる資産です。


まずは、副業を立ち上げ、給料以外の複数の収入源を確保し、そこで得た収入で債券や株式に投資をして、お金を生み出す資産を更に増やしていく、そしてその収益でますます資産を増やしていく…
これがサラリーマンがお金持ちになる方法のひとつになります。



サラリーマンこそ副業を持つべき
サラリーマンは副業でお金持ちに
不動産投資はお金持ちへの近道
資産を作り出す副業とは
お金持ちが知っているお金を引き寄せる3つのルール

お金持ちはアイデアをお金と交換することを考える

下流から中流の人は時間(労働)をお金と交換します。
そのため、お金が時間(労働)と直結しているという短絡的な思考に陥りやすいといわれています。
長時間働くことが多くのお金を稼ぐ唯一の方法だと思い込みがちです。

お金持ちになる人は、大金を稼ぐにはこうした短絡的な思考から脱却し、世の中にあるたくさんの問題を解決し大金を稼ごうとします。
問題解決のアイデアは無限にあるから、稼げるお金も無限にあると考えるのです。


下流から中流の人は生計をたてることで精一杯で、将来に不安を抱いてビクビクとおびえています。
お金の心配をいつもしながら莫大なエネルギーを浪費し続けています。
時間(労働)とお金を交換し稼ぐことばかりで、社会に役立つ創造的なアイデアを考える努力もせず、宝くじを買って一攫千金を狙います。

お金持ちの人は高いレベルの意識を持ち、世の中の問題を解決することに尽力します。
いつもワクワクしながら常により豊かになることに意識を集中しています。

時間をお金と交換するという考え方から脱却し、
社会に役立つ創造的なアイデアは無限にあると考え、
アイデアをお金と交換することを考え、行動することがお金持ちに近づく方法のひとつです。

この世の中は問題解決に対して報酬が支払われるしくみになっているので、問題を解決すれば誰でもお金持ちになれるのです。



金持ち父さんの教え<資産と負債の違いを知り、資産を買え>
金持ち父さんの教え<金持ちがどんどん金持ちになる理由>
金持ち父さんの教え<資産が負債を払ってくれる>

金持ち父さんの教え<資産と負債の違いを知り、資産を買え>

金持ちはお金のために働かない。

貧乏人と中間層はお金のために働く。

金持ちはお金を自分たちのために働かせる。

資産と負債の違いを知り、資産を買え。

金持ちは資産を買い、貧乏人と中間層は資産だと思って負債を買う。

借金とリスクを背負うときはかならず支払いを受けるようにしなければいけない。


資産はポケットにお金を入れてくれる
負債はポケットからお金を取っていく



負債はお金が出て行きます。
したがって、ローンや税金の支払いのある持ち家、維持費のかかる自家用車、娯楽の品などは負債になります。
ほとんどの人々にお金の問題があるのは、資産と負債の違いがわからないから。


負債にはいい負債と悪い負債がある。
いい負債は、誰か他の人が代わりに返済してくれる負債。
悪い負債は自分の汗と血の結晶で返済しなくてはいけない負債。



金持ち父さんが説く会社員や自営業者のお金の問題点

他人を金持ちにするために働いている(最初に他人がお金を取る)
政府のために働いている(自分がお金を見る前に税金に取られる)
銀行のために働いている(住宅ローンやクレジットカードの支払いに回される)
このように自分以外がお金を取っていくために、使えるお金100万円のために200万円稼ぐ必要があると 説いています。
法人であれば経費を支出したあとで税金の計算をすることができるため、 会社を作って支出をコントロールする理由がここにあります。

あなたの支出は他の誰かの収入
あなたの収入は他の誰かの支出



資産は収入を生む(株・債券・コモディティ、賃貸用住宅、知的財産、ビジネスなど)
負債は支出を生む(自家用車、居住用住宅、娯楽品、趣味の品など)
資産を買って、負債を減らすこと


お金持ちがどんどんお金持ちになるになる理由のひとつは、彼らは常により多くの資産を作り出す、あるいは獲得するために働いているからだ。



お金持ちはアイデアをお金と交換することを考える
金持ち父さんの教え<金持ちがどんどん金持ちになる理由>
金持ち父さんの教え<資産が負債を払ってくれる>




お金持ちになる方法