1. Top
  2. » お金持ちサラリーマン

お金持ちが知っているお金を引き寄せる3つのルール

お金持ちは知っているお金を引き寄せる3つのルールというのがあります。


1、お金持ちは資産を買い、そうでない人は宝くじを買う

2、お金持ちはお金を借りて投資をし、そうでない人はお金を借りて消費をする

3、お金持ちはたくさんのお金の入り口を持っている


お金持ちは、投資をし続け、そうでない人は、消費をし続けます。
お金をもたらしてくれる資産を増やし続けていくことで、増えた資産がさらにお金を生み出し、そうやってお金持ちになっていくのです。


お金持ちの中にはたくさんの不動産を所有している人が少なくありません。
不動産投資(アパートマンション経営)は、他人の資本で自己資産を形成することが可能な非常に投資効率が良い投資対象です。
不動産投資は、何百万円、何千万円という大きな資金を運用するものですし、しかも多額の借入金が伴うこともるので気後れしてしまったりします。
しかしながら不動産投資は融資が出てこそ成功します。
不動産投資で一番必要なことは資金調達になります。
そこで金融機関から資金調達つまりお金を借りて投資をする訳です。
どんなに利回りの良い物件を見つけることができたとしても購入資金がなければ買えません。


お金の入り口を給料ひとつに頼っていると、お金はいつまでたっても手元には残りません。
お金持ちになりたければ、お金の入り口をいくつも持つことがお金持ちになる近道です。
お金持ちは、「自分が働かないで、お金を得るにはどうしたら良いのか」ということを考えます。
お金持ちは、配当金や利子や家賃収入などを得て好きなことをして暮らしているのです。



お金持ちはアイデアをお金と交換することを考える
金持ち父さんの教え<資産と負債の違いを知り、資産を買え>
金持ち父さんの教え<金持ちがどんどん金持ちになる理由>
金持ち父さんの教え<資産が負債を払ってくれる>


金持ち父さんの教え<資産と負債の違いを知り、資産を買え>

金持ちはお金のために働かない。

貧乏人と中間層はお金のために働く。

金持ちはお金を自分たちのために働かせる。

資産と負債の違いを知り、資産を買え。

金持ちは資産を買い、貧乏人と中間層は資産だと思って負債を買う。

借金とリスクを背負うときはかならず支払いを受けるようにしなければいけない。


資産はポケットにお金を入れてくれる
負債はポケットからお金を取っていく



負債はお金が出て行きます。
したがって、ローンや税金の支払いのある持ち家、維持費のかかる自家用車、娯楽の品などは負債になります。
ほとんどの人々にお金の問題があるのは、資産と負債の違いがわからないから。


負債にはいい負債と悪い負債がある。
いい負債は、誰か他の人が代わりに返済してくれる負債。
悪い負債は自分の汗と血の結晶で返済しなくてはいけない負債。



金持ち父さんが説く会社員や自営業者のお金の問題点

他人を金持ちにするために働いている(最初に他人がお金を取る)
政府のために働いている(自分がお金を見る前に税金に取られる)
銀行のために働いている(住宅ローンやクレジットカードの支払いに回される)
このように自分以外がお金を取っていくために、使えるお金100万円のために200万円稼ぐ必要があると 説いています。
法人であれば経費を支出したあとで税金の計算をすることができるため、 会社を作って支出をコントロールする理由がここにあります。

あなたの支出は他の誰かの収入
あなたの収入は他の誰かの支出



資産は収入を生む(株・債券・コモディティ、賃貸用住宅、知的財産、ビジネスなど)
負債は支出を生む(自家用車、居住用住宅、娯楽品、趣味の品など)
資産を買って、負債を減らすこと


お金持ちがどんどんお金持ちになるになる理由のひとつは、彼らは常により多くの資産を作り出す、あるいは獲得するために働いているからだ。



お金持ちはアイデアをお金と交換することを考える
金持ち父さんの教え<金持ちがどんどん金持ちになる理由>
金持ち父さんの教え<資産が負債を払ってくれる>


サラリーマンは副業でお金持ちに

収入には大きく分けて2つの種類があります。
「時間消費型収入」と「価値運用型収入」です。
「時間消費型収入」は給与収入のことです。
時間消費型収入は、月々決まった額をもらえるため安定した収入が期待できますが、大きな富は得にくいものです。

「価値運用型収入」は、時間を使わずに生み出す収入のことで、自分が長時間働かずに生み出す収入のことです。
サラリーマンの副業は、この「価値運用型収入」を得ることを目標にしたほうが良いでしょう。

それがサラリーマンが副業でお金持ちにになるための近道になり得ます。

「時間消費型収入」=「勤労所得」
「価値運用型収入」=「不労所得」



「価値運用型収入」が、自分が長時間働かなくてもお金を生み出せる理由は、価値運用型収入の多くが、「貸すビジネス」又は「設置産業」であり、自分が所有している製品やサービスを貸す又は設置することによって得られる収入だからです。

例えば、不動産投資(アパート・マンション経営)、駐車場経営、自動販売機設置、広告スペース貸し、知識の貸し出しなどです。

その「貸すビジネス」又は「設置産業」の中でも、「収益不動産投資」がサラリーマンがお金持ちになれる近道になり得ます。
なぜなら、サラリーマンの収益用不動産投資への融資を、銀行は喜んでしてくれるからです。
銀行が多額の資金を融資してくれるということは、他人のお金を使って価値運用型収入ビジネスができるということです。

毎月の給料収入があるサラリーマンが、投資用不動産を購入しようとすると、銀行は喜んでお金を貸してくれます。
年収が多い方はより多くの融資が期待できます。
サラリーマンが投資用不動産を取得するのにほとんど資金はいらないのです。

要は融資が通れば、家賃収入を得ることができる収益用不動産が手に入り、今までの給与収入+家賃収入の合計額が毎月得られることが期待できます。
融資の返済も、手に入れた収益用不動産(資産)の家賃収入(キャッシュフロー)から支払うことが可能になるのです。

このように、長期安定的に 不労所得=価値運用型収入 を得るということでは、収益不動産投資(アパート・マンション経営)は最も有力な候補の1つになり得ます。


サラリーマンなら不動産投資がお金持ちになる最も有力な方法

長期的にそして安定的に不労所得を得るという意味においては、不動産投資、つまり賃貸アパート経営・賃貸マンション経営がサラリーマンがお金持ちになる最も有力な方法のひとつになります。

不動産投資は資金的にも心理的にもハードルはぐっと高くなりますが、そうした壁を乗り越えれば、あとは仕組みがお金を生み出してくれます。

サラリーマン大家さんの中には、所有する物件を増やし続けている人はたくさんいます。
物件を取得するペースは個人の資金調達能力(自己資金の額や借りられるローンの額)によって違いはありますが、不動産投資は、時間さえかければ、成功の再現性が極めて高い投資対象です。


不動産投資とは、大家さんになることです。
区分所有のマンションか1棟アパート又は1棟マンションかの違いもありますが、数千万円から数億円もする物件をキャッシュで買うことは難しいですから、ローンを組んで買うことになります。
家賃収入からローン返済や経費を引いて、残ったお金が自分のお金というわけです。

大家さんの仕事は入居者の募集、契約の締結、更新、解約、入居者のクレーム対応や賃貸滞納の督促など様々な仕事があり、サラリーマンには無理だと思う方もいるこもしれませんが、そうした大家さんの仕事をすべて管理会社に任せてしまえば、サラリーマンをやりながら、ほとんど手間をかけずに家賃収入を得るしくみが出来上がります。

また、サラリーマンという立場がお金を生むということを知っているでしょうか。
金融機関は、基本的に「返済する意思と能力がある」と認めた人にしかお金を貸しません。
ここで有利なのがサラリーマンです。
サラリーマンの最大の武器は、毎月決まった収入があるということです。
その信用力によって銀行からお金を借りることができるのです。

いったいどれだけの人が、自分がサラリーマンというだけで、金融機関からお金を引っ張る力を持っているということに気づいているでしょうか。
この特権に気がついてフル活用する人と、それに気づかず、又はわかっていても活用しない人との間には、経済格差が発生するのです。

お金持ちになるためにお金を借りて不動産投資をする
成功するアパートマンション経営
ワンルームマンション投資は都内・中古が成功のポイント
中古ワンルームマンション投資が良い理由




お金持ちになる方法