1. Top
  2. » キャッシュフロー


金持ち父さんの教え<資産と負債の違いを知り、資産を買え>

金持ちはお金のために働かない。

貧乏人と中間層はお金のために働く。

金持ちはお金を自分たちのために働かせる。

資産と負債の違いを知り、資産を買え。

金持ちは資産を買い、貧乏人と中間層は資産だと思って負債を買う。

借金とリスクを背負うときはかならず支払いを受けるようにしなければいけない。


資産はポケットにお金を入れてくれる
負債はポケットからお金を取っていく



負債はお金が出て行きます。
したがって、ローンや税金の支払いのある持ち家、維持費のかかる自家用車、娯楽の品などは負債になります。
ほとんどの人々にお金の問題があるのは、資産と負債の違いがわからないから。


負債にはいい負債と悪い負債がある。
いい負債は、誰か他の人が代わりに返済してくれる負債。
悪い負債は自分の汗と血の結晶で返済しなくてはいけない負債。



金持ち父さんが説く会社員や自営業者のお金の問題点

他人を金持ちにするために働いている(最初に他人がお金を取る)
政府のために働いている(自分がお金を見る前に税金に取られる)
銀行のために働いている(住宅ローンやクレジットカードの支払いに回される)
このように自分以外がお金を取っていくために、使えるお金100万円のために200万円稼ぐ必要があると 説いています。
法人であれば経費を支出したあとで税金の計算をすることができるため、 会社を作って支出をコントロールする理由がここにあります。

あなたの支出は他の誰かの収入
あなたの収入は他の誰かの支出



資産は収入を生む(株・債券・コモディティ、賃貸用住宅、知的財産、ビジネスなど)
負債は支出を生む(自家用車、居住用住宅、娯楽品、趣味の品など)
資産を買って、負債を減らすこと


お金持ちがどんどんお金持ちになるになる理由のひとつは、彼らは常により多くの資産を作り出す、あるいは獲得するために働いているからだ。



お金持ちはアイデアをお金と交換することを考える
金持ち父さんの教え<金持ちがどんどん金持ちになる理由>
金持ち父さんの教え<資産が負債を払ってくれる>






お金を増やす方法<資産運用>

お金持ちがどんどんお金持ちになっていく理由の1つは、「お金持ちは、より多くの資産を作り出す あるいは獲得するために働いているから」といわれています。
資産が不労所得(キャッシュフロー)を生み出し、本人に代わってせっせと働いてくれるから というのがその理由です。

お金を増やす方法お金を働かせる資産運用

という訳です。

サラリーマンがお金を増やす方法の1つは、
本業からの収入と副業からの収入の一部を 資産運用=投資 にまわし、収入源をさらに増やしていくという戦略があります。

» 続きを読む







スポンサー
資産を築く配当成長
メニュー
カテゴリ
スポンサー
お金持ちになる方法