1. Top
  2. » 価値運用型収入

お金持ちになる方法は「貸すビジネス」

お金持ちになるには、「価値運用型収入」を得ることです。
「価値運用型収入」は、時間を使わずに生み出す収入のことで、自分が長時間働かずに生み出す収入のことです。


「時間消費型収入」=「勤労所得」
「価値運用型収入」=「不労所得」


「価値運用型収入」が、自分が長時間働かなくてもお金を生み出せる理由は、価値運用型収入の多くが、「貸すビジネス」又は「設置産業」であり、自分が所有している製品やサービスを貸す又は設置することによって得られる収入だからです。

例えば、不動産投資(アパート・マンション経営)、駐車場経営、広告スペース貸し、知識の貸し出し、アフィリエイトなどです。

このサイトの情報や、「貸すビジネス」「不労所得」「投資」の情報に触れ、できるだけ早く知恵を身につけることが大切です。



サラリーマンがお金持ちになる方法
サラリーマンこそ副業を持つべき
サラリーマンは副業でお金持ちに
不動産投資はお金持ちへの近道
資産を作り出す副業とは
お金持ちが知っているお金を引き寄せる3つのルール

サラリーマンは副業でお金持ちに

収入には大きく分けて2つの種類があります。
「時間消費型収入」と「価値運用型収入」です。
「時間消費型収入」は給与収入のことです。
時間消費型収入は、月々決まった額をもらえるため安定した収入が期待できますが、大きな富は得にくいものです。

「価値運用型収入」は、時間を使わずに生み出す収入のことで、自分が長時間働かずに生み出す収入のことです。
サラリーマンの副業は、この「価値運用型収入」を得ることを目標にしたほうが良いでしょう。

それがサラリーマンが副業でお金持ちにになるための近道になり得ます。

「時間消費型収入」=「勤労所得」
「価値運用型収入」=「不労所得」



「価値運用型収入」が、自分が長時間働かなくてもお金を生み出せる理由は、価値運用型収入の多くが、「貸すビジネス」又は「設置産業」であり、自分が所有している製品やサービスを貸す又は設置することによって得られる収入だからです。

例えば、不動産投資(アパート・マンション経営)、駐車場経営、自動販売機設置、広告スペース貸し、知識の貸し出しなどです。

その「貸すビジネス」又は「設置産業」の中でも、「収益不動産投資」がサラリーマンがお金持ちになれる近道になり得ます。
なぜなら、サラリーマンの収益用不動産投資への融資を、銀行は喜んでしてくれるからです。
銀行が多額の資金を融資してくれるということは、他人のお金を使って価値運用型収入ビジネスができるということです。

毎月の給料収入があるサラリーマンが、投資用不動産を購入しようとすると、銀行は喜んでお金を貸してくれます。
年収が多い方はより多くの融資が期待できます。
サラリーマンが投資用不動産を取得するのにほとんど資金はいらないのです。

要は融資が通れば、家賃収入を得ることができる収益用不動産が手に入り、今までの給与収入+家賃収入の合計額が毎月得られることが期待できます。
融資の返済も、手に入れた収益用不動産(資産)の家賃収入(キャッシュフロー)から支払うことが可能になるのです。

このように、長期安定的に 不労所得=価値運用型収入 を得るということでは、収益不動産投資(アパート・マンション経営)は最も有力な候補の1つになり得ます。




お金持ちになる方法