1. Top
  2. » 2037/12

配当成長株投資でお金持ちになる方法

「100円で買った株が120円になって20円儲けた」が株式投資だと思っている方は非常に多くいますが
株式投資の本質は、利益を生み出すことのできる企業に資金を投資し、
利益を還元してもらうこと(利益の分け前(配当金)をもらうこと)です。


想像をはるかに超える配当成長株のパワーがあなたに富をもたらします。
「配当成長株投資」は、株の素人でも、あまり手間をかけずにできる
サラリーマンに適した「お金を生み出す」つまり収益源を増やす方法です。



株式投資における配当金は、企業が生み出す利益の一部から、株数に応じて株主に分配される企業の株主還元の1つです。
配当利回りは、1株当たり年間配当金が株価に対して何%に相当するかをみるものです。


株式投資の場合、所有する株式数が増えなくても、翌年、さらに翌々年に配当収入が10%ずつ増えていくということはザラにあります。
(配当成長又は連続増配といいます。)

しかも、その配当金でさらに株式を買い増しすること(配当再投資)もできますので、
保有株数が増えることで、さらに配当金が増えていくことになります。

配当金は1株につきいくら というように決まっているため、保有株式数が増えれば増えるほど配当金も増えることになります。

つまり

①「より多くの利益の分け前(配当金)が得られる企業(配当成長銘柄)を探すこと」
②「配当金という形でもらったその資金と追加資金でさらに配当成長銘柄を買い増しすること」
③「①と②を長期的に繰り返すこと」


これが『配当成長株投資法』の真髄です。

保有株式数が増えれば増えるほど、もらえる配当金も増えることになるので、もらった配当金+新たな追加マネーで『配当成長銘柄を買い増しすること』これが重要です。

この味を知ると やみつきになりますよ。


株の素人でも簡単に「連続増配企業のリスト」から
「競争力の高い優良企業」かつ「配当成長企業」に
フォーカスを絞った銘柄選定ができるテキストはこちらから購入できます。
配当金がザクザク増える「配当成長株投資」テキスト購入≫


お金持ちになる方法は「貸すビジネス」

お金持ちになるには、「価値運用型収入」を得ることです。
「価値運用型収入」は、時間を使わずに生み出す収入のことで、自分が長時間働かずに生み出す収入のことです。


「時間消費型収入」=「勤労所得」
「価値運用型収入」=「不労所得」


「価値運用型収入」が、自分が長時間働かなくてもお金を生み出せる理由は、価値運用型収入の多くが、「貸すビジネス」又は「設置産業」であり、自分が所有している製品やサービスを貸す又は設置することによって得られる収入だからです。

例えば、不動産投資(アパート・マンション経営)、駐車場経営、広告スペース貸し、知識の貸し出し、アフィリエイトなどです。

このサイトの情報や、「貸すビジネス」「不労所得」「投資」の情報に触れ、できるだけ早く知恵を身につけることが大切です。



サラリーマンがお金持ちになる方法
サラリーマンこそ副業を持つべき
サラリーマンは副業でお金持ちに
不動産投資はお金持ちへの近道
資産を作り出す副業とは
お金持ちが知っているお金を引き寄せる3つのルール

株初心者はNYダウを買え!世界最強の株式指数 NYダウ

世界最強の株式指数といえば、NYダウ(ダウ工業株30種平均)ではないでしょうか。
NYダウは、ニューヨーク株式市場の重要な株価指標で、世界中で常に注目されている指数です。

まず下のNYダウ指数の長期株価推移を見ていただければ一目瞭然だと思いますが、過去25年間での値動きも右肩上がりの状態です。

NYダウ構成銘柄

リーマンショックや同時多発テロ、イラク戦争など様々なことがありましたが、力強く右肩上がりの株価推移になっています。

株の初心者は、このNYダウをそのまま買えばお金持ちになる確率が高いのではないでしょうか

NYダウがなぜ最強かというと、それはNYダウを構成する銘柄にその秘密があります。
NYダウ(ダウ工業株30種平均)は、アメリカの代表的な優良企業(ブルーチップ)の30社で構成される平均株価指数なのです。
いわばアメリカ企業のオールスター30社です。

NYダウの構成銘柄は下図のとおりです。

NYダウ構成銘柄

NYダウ指数はアメリカの企業社会の縮図といえるほど、様々な業種の会社が含まれていることがわかります。
また、多くの会社がグローバル展開をする会社だということも特徴でしょう。
業種、ビジネス地域の多様性がダウ指数の安定的な成長を支えていると言えそうです。
今後も新興国など世界各国に進出していく方針の企業が多いので、更なる事業拡大及び利益成長が期待できます。

過去10年間で30銘柄の合計配当金は2.2倍、合計1株あたり利益(EPS)は2.6倍になっています。
業績の堅調な推移が、NYダウ指数の上昇を支えていると言えそうです。


この世界最強のNYダウ指数は、投資信託という形で誰でもこ買うことができます。
このオールスター企業30社の利益を株式価値や配当という形で自分の収益にできるのが
「SMT ダウ・ジョーンズ インデックス・オープン」という投資信託(ファンド)です。

「SMT ダウ・ジョーンズ インデックス・オープン」は、ダウ工業株30種平均株価(NYダウ)に採用されている米国の主要な株式30銘柄を主要投資対象とし、
ダウ工業株30種平均株価(NYダウ)(円ベース)と連動する投資成果を目指して運用されている投資信託(ファンド)です。

「SMT ダウ・ジョーンズ インデックス・オープン」なら1万円から世界最強のNYダウに投資できます。

「SMT ダウ・ジョーンズ インデックス・オープン」を買うなら【フィデリティ証券】がおすすめです。
ファンド申込手数料無料サービスを展開していて口座開設も無料。
ネットだけでなく電話での取引も可能。
電話の手厚いサポートも魅力でご安心いただけます。
資料請求・口座開設はこちらからできます。≫選ぶなら、フィデリティ証券

フィデリティ証券は世界で有数のネットワークと歴史を誇る
フィデリティ・ワールド・ワイド・インベストメントグループの外資系の証券会社です。




お金持ちになる方法